スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上杉隆氏著作

上杉隆氏の著作、「ジャーナリズム崩壊」、「記者クラブ崩壊」を続けて読んだ
彼については詳しく知らなかった。311の災害以来、ネットではよく見かけるなー程度で、本として読むのは初めてであるが、なかなか素晴らしい内容である

前者は幻冬舎、後者は小学館から出版されているが、方向性は同様で、続きの作品とも言えるのだろう。記者クラブや日本のジャーナリズムのお粗末さを、組織の内部/外部の視点から指摘するものだ

個人的には、「記者クラブ」に対する印象はなかった。普通に新聞を読んだり、TVを見ていると「...の会見で」などの言い回しを聞くぐらいだ。しかしこれほどにも大きな問題を孕んでいるとは、、

41k+ElmPbkL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_
41mPJbpS6ML__SL500_AA300_.jpg
写真はamazonより (なか見!しません)


まず「ジャーナリズム崩壊」だが、筆者の豊富な(鳩山邦夫秘書、NHK報道局、New York Times東京支局勤務)経歴からの数々の経験談を切り口とて、多くの例を挙げながら問題提起している。特に海外からの視点で見た場合の日本のジャーナリズムの”不思議さ”には埋め様のない深い溝を感じさせる。エピソードの中でも、[メモ合わせ]では国会の取材時には報道機関有志?による横並びの"カンニング"がしばしば行われており、このような談合は海外では全く行われないばかりか処罰の対象にもなりうることが書かれ、また次の本にも繋がる記者クラブの大きな弊害をいくつもの例をもって示している。エビジョンイルの記事も痛快である。

また、日本と海外(この場合はアメリカ)では間違いを犯した後の対応方法の違いについての記述があった。報道とは全く業種は異なるが、外資系の企業で働いた経筋がある。自分の場合はメーカーだが、この点はまさにその通りだと感じた。ミスやトラブルが発生した場合、問題の大小に関わらずその時点での叱責などは少なかった。だが、その後の原因究明や再発防止などの観点では厳しいものがあったように思う。展開先はあるレベルのエンジニアに限定せず、一般化するところまで行っていたように記憶している。間違っちゃだめ、な文化ではなく、そこからいかにうまく立ち回るかが重要視されおり、文化の違いを感じたものである。


「記者クラブ崩壊」は上記の続編というわけではないが、内容は類似し、特に記者クラブの開放に特化した内容となっている。
民主党政権後、亀井、岡田は記者会見をオープンにした。さらに筆者は鳩山代表自らに名指しで会見へ招待されているにも関わらず、首相会見は結局開かれることはなかった。抵抗勢力はそれほどまでに閉鎖性を保っておきたいということなのだろう。新聞が社会をリードする/させると信じているからなのか、情報をコントロールすることでなんらかのメリットを得ているのか。User不在の業界を作ってしまったのだから彼らの勝ちなのだが、知らず知らずのうちに彼らにとって好ましい情報のみしか知り得なかったとなればたまったものではない。多くの人々は情報SourceをTV, 新聞のみに頼っているのだろうから見事操作されまくってきた訳だ。

読み終えた印象としては、記者クラブに代表されるメディアは、構造として既得権を手放さないことが有利であり当然である流れが出来上がってしまっていること。また真実を明確にする記者としてのプロ意識が完全に欠如し、誰かが作った(メリットのある)枠組みの中でうまくやっていくことだけを考えていること(全員ではないのだろうが、、)であり、あまりに衝撃的だった

そして、こんなFilterを通して真実が見えるとは思えないってことだった


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
6892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
2688位
アクセスランキングを見る>>

FC2 Blog Ranking
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。