スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コース整備は虫に注意

一気に涼しくなってきた今日この頃。この週末、暇ができたので、近所のコースの草刈りに着手した

ここはよくある河川敷なのだが、夏期の間は手入れが追いつかずジャングル状態になっている。少し早い気もするが、秋を感じて皆もそろそろ動き出すだろうからとりあえず手をつけておこうと

001_20100926222039.jpg
ここをバイクが通っていたとは、、


現地は全くの手付かずで、完全に開墾作業である。前日の雨が残っており、ホコリがたたず草刈りにはもってこいの日だ。道らしき凹み周辺を快調に刈ってゆく。前のススキを払うと小さいガのようなものが手に止まった。アブだ!

この日の装備だが、ここはマムシは居そうなので、足元は歯のプロテクトを兼ねてモトクロスブーツ、日よけ対策で白めの帽子で首をタオルでガードとそれなりのつもりだった。手は軍手のみだったが、革のグローブするわけにもいかないし。野生生物の毛皮越し攻撃に対応しているアブにとっては軍手の厚みなど屁でもないのだろう

右手に激痛!あれ、こいつハチじゃないよなと思うほど痛かった。さらに後ろに回ってきたので払おうともがくが草刈機が邪魔でうまく動けない。慌てているので引っ掛かっているフックがうまく外れない。バタバタしているうちに、耳と後頭部までやられた、、

はるか昔、小学生の頃に発見したスズメバチの巣を水玉風船(水で膨らませた小さめの風船をこう呼んでいた)で攻撃していた時、奴らの反撃に遭い耳を噛まれた恐怖がよみがえってきた。ホントにガチガチ言ってたもんなー。この時は刺されてないのにすごく腫れた。また幼稚園の頃にもアシナガバチにもやられているので私の左耳は3種目だな、とぼんやり思った

どうやらこいつらしい


ゴマフアブ。一瞬しか見てないが、色、大きさ的には近そう。「メクラアブ属の幼虫は水泥中に生息し、泥中の有機物もしくは低生小生物を摂食」らしいので怪しい。
御存知の通り、お尻の針で刺すハチと違い、アブは吸血性であるため口を使う。噛むのは蚊と同じくメスだけである。またハエの仲間だけあって種類も豊富で、野反湖によく居たミズアブは刺さなかったような気がする。ハチとは違いクビれが少ない、飛び方の違いで見分けている(やや直線的かな)。
夏の渓流釣りでは車から降りられないほどたかられることも。熱と黒色が好きなのかも。またなぜか日本海側に入るといきなり遭遇する確率が増える(気がする)。露天風呂で攻撃されたくない生物としてはヘビの次に位置するだろう。

ちなみにこんなのも居るそうな


アカウシアブ。スズメバチに似ていて、噛まれると大変痛いそうである。多分近所には居ないと思うが一応覚えておこう
十勝エコロジーパークガイドの会: 虫に刺される経験談(アブ)も詳しい

アブに噛まれても毒は無いはずなので、タバコで痛みを散らし(散らない)、コースを変えて草刈り続行した。すると今度はスズメバチが2-3m先でホバリングしやがる、、。はい、退散しますよ。このコースは全長3k程度と思うが、結局500m刈れたかどうかだった。まあ一発目だしこんなもんか、、

翌日、手が腫れた
この日は半日程度の作業だったのだがそこそこ疲れたので、その日はビール飲んでぐっすり寝た。目覚めると指が曲がらなかったり頭が腫れぼったい(なぜが耳はかゆいだけ)。でもってすごくかゆい。しょうが無いのでネットで調べると抗ヒスタミン薬ステロイド成分の含まれた塗り薬が効くらしい。虫刺されに100%信頼を置いているムヒSでは効かないようだ、、やむなく薬局で1080円もしやがったが、ムヒアルファEXを購入した。アルコールも良くないらしい(血行良くなる->かゆみが増す?)。今日は酒を控えるか、、


検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
7781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3051位
アクセスランキングを見る>>

FC2 Blog Ranking
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。