スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステッカーチューン

海外の掲示板、ADVENTURE RIDERで発見したコネタ

ストロボ延長

WASPWORKS Super Tenere 150810_02
http://www.advrider.com, "XT1200Z: The new WaspWorks Super Tenere, in detail and the evolution #334" より引用


真ん中らへんにParts#も書いてありますが、純正品の流用です。これは思いつかなかったわ


スポンサーサイト

Grip Heater購入

結果オーライだったが困った店から購入した記録。こういう事もある、このスリルは個人輸入の醍醐味の一つだろう(なことない)。以下、冬でも快適なライディングをお約束、夏の北海道なんかでも雨降と寒いじゃん?でもこれあると違うんだよねー、などの噂のグリップヒーターの導入顛末記

【調査】
(1) y's gear
国内ではy's gear扱いである。結構なお値段です

スクリーンショット 2011-11-26 18.11.47

配線関係はあまり弄りたくないので、今回は純正一本で考えることにする。なので値段勝負で調査した

(2) Boats.net
変な名前だが、400以上の海、アウトドアサイトが集まっている"Outdoor Network Corporation有限責任会社"の一部であると書いてある。

価格: US$ 338.00 = 26373 円
送料: USPS International - Priority, 5lbs=2.27kgとして $42.90
Total: $380.9 = 29710円
支払い方法: VISA, Master, Paypal
etc: Parts# 23P-E29A9-V0-00, 78円/$で計算、送料は大きさを適当に見積もった概算



(3) Yamabits.co.uk
イギリスのYamaha純正部品屋さんか。

価格: UK£ 247.49 = 31029 円
送料: Jersey Post International Standard (Zone E <20Kg Standard) £ 16.63
Total: UK£ 264.12 = 33114 円
支払い方法: PayPal
etc: Parts#?(写真では同じだが、、)


海外から購入すると、値段的には2万円前後抑えることができるようだ。円高ですねえ。念のため両店を簡単に検索したが、大きな問題を見つけることは出来なかった

また、Parts#も確認してみた。みな、y's gear: 23P-829A-00 (Manualでは)の表記とは異なっていることが確認された。これをどう考えればいいのだろうか。一応各国の元締めを調べてみると、
- Yamaha USA: 23P-E29A9-V0-00
- Yamaha EU: 23P-829A0-00-00
と微妙に異なる。アメリカのは2番目のコードに追加してるし写真も違っていた。アメリカ人は顔と同じく手の皮も厚かったりして仕様が異なるのだろうか?
EUは末尾以外は合っているのだが気にしなっくていいのだろうか? ちょっと考えたが、バイクがEU仕様であること、y's gearでもEUから輸入していると書いてあることから、安全を見てEUのショップから購入することとした


【オーダー】
以下オーダー履歴 11/8

注文
Yamabits.co.ukへWebからオーダーする。支払いはPayPal

1日後
オーダー内容の確認メールが届く。自動返信と思われる書式で、支払い/送り先住所、支払い方法、送付方法が記載されていた。夜中発注のため日をまたいでしまったが、実際は発注直後に届いていた

2日後
Invoiceがメールで到着。昨日の"Your Order #xxxxx"が"Your Invoice #xxxxx for Order #xxxxx"になっていた。InvoiceはPDFで添付されいた

3日後
ここまで自動送信と思われるメールしか受け取っていない。状況確認の為、送付予定をメール尋ねることとした。「送り状は来たけど送付は何時になりますか?」

7日後
上記に返事が来ない。同様の内容を、今度はWebから書き込んだ

8日後
やっぱり返事が来ない。そこでもう少しこのShopを調べて見ることに。すると以外な事実が、、
まず場所を確認。国名のGB(グレートブリテン)の下はチャネルアイランドとなっている

スクリーンショット 2011-11-27 14.42.43
(Google Mapより拝借)


おお、もはやフランスじゃん?


次はwikiで引っかかった

ジャージー (Bailiwick of Jersey) は、イギリス海峡のチャンネル諸島のうち、ジャージー島のほかマンキエ諸島 (the Minquiers) やエクレウ諸島 (the Ecrehous) などにより構成されるイギリス王室属領 (英語: Crown dependencies) である。主都はセント・ヘリア。

イギリス王室属領であり、イギリス女王をその君主とするが、国内法的には連合王国 (United Kingdom) には含まれない。

そのため、内政に関してイギリス議会の支配を受けず、独自の議会と政府を持ち、海外領土や植民地と異なり高度の自治権を有している。欧州連合にも加盟していない

したがって、イギリスの法律や税制、欧州連合の共通政策は適用されない。ただし、外交及び国防に関してはイギリス政府に委任している。
(wikiより、強調部分のみ編集)

大丈夫なのか???というか、イギリスってこんなゆるい連合もありだったのか、、、
ちなみにストリートビューではそれなりの街のバイク屋さんが確認された。住所のみ実態なしという訳ではないようだ

しかしちょっと不安になってきた。確かに、海外通販では発送まで時間がかかるケースもある(日本がキチッとしすぎなのだろう)。しかし、尋ねたメールが返信されない、というのはちとおかしい

これまでは幸いにも個人輸入でのトラブルに見舞われたことはなかったが、今回、遂にきやがったのかもしれない。こんな時の購入者の対応方法には、"チャージバック"と呼ばれる返金制度がある。これは商品が到着しない等の致命的なケースが該当すると思われる。しかし今回は注文からまだ日も浅く、メールの連絡が取れないことが問題点であるので、この方法では少し過剰な対応のようにも思える

今回の支払いのPayPalで調べてみると、"買い手保護"の仕組みとして"異議を提出"があるようだ。

自分の理解では、取り引きに問題が生じた場合、いきなり金返せ!となるのことを防ぐ目的の仕組みと思われる。PayPalが間に入るから、お互いに連絡を取り合って見てください、という所か。相手からすると、文章がPayPal経由で届けられることになる。日本では配達証明に相当するものだろう。
条件は、
・代金を支払った日から45日以内に、異議を提出
なっている。また、
・売り手との同意に達しない場合は、異議を提出してから 20 日以内にクレームにエスカレート(できる)
とあり、これが"チャージバック"への流れと理解した。今回のケースでは丁度よいだろう

PayPalから異議を提出。"問題解決センター"から、送付の予定を連絡して頂戴と書きこむ。舐められてる気もしたので、連絡が来ない場合はキャンセルする旨も付け加えてみた


直ぐにメールが来た。やはりPayPal偉大ということか、、。Shipment#xxxxxとある。文言はすべてこれまでと一緒で、またしても自動送信のような書式である。内容を読んでも、何時送付したは分からない。なんだこりゃ~

9日後
上記メールに返信。「荷物の追跡番号を教えてください」

13日後
返事なし。メールの問い合わせには応じていないのだろうか。再度PayPal-問題解決センター経由でTracking Numberの問い合わせを行う

16日後
荷物到着!

P37589900-1.jpg

なんで取っ手にぶら下がってんのか、、。近所の人が差し入れでもしてくれたのかと思ったが、中の箱にはそれらしい記載がされていた。疲れたけど、まあ届いたんでよしとするか、、。結局発送したよ、の連絡はこなかったです

【取り付け】
古いグリップを取って新しいグリップを装着、配線は加工の必要なくカチャっとやるだけ。なのだが結構時間が掛かった。毎回思うがYamahaの標準作業は構造分かってるプロ中のプロのベストタイムなんじゃなかろうか。毎回倍から三倍かかるんですが?

まずはグリップ取り出し。ナックルガード、ミラーを外した後の作業で、クラッチ側は一応丁寧に長いマイナスドライバーでゴリゴリ
そして取り付け。スロットルホルダーは交換となり、この内部でヒーター配線を遊ばせることになる。位置がうまく決まらずイライラ。クラッチ側グリップ、いつもの様に煮てから付けようと思ったが、電気製品煮てもいいのかな?軽めにしておいてやった

仮配線をして動作チェックを行うと、ものの1分ぐらいで暖かさを感じる。おー、いろんあ意味でよかったよ。あとは取説見ながら本番配線へ。カウルを外しタンクを上げる必要あり。前回のカウル交換でワイヤーが標準位置とは異なってしまっているようで、今ひとつビシッと決まらない。まあカバーされるし大体でいいでしょう


【後日談】
色々あったが無事荷物が届いたので、その旨をショップにメールしてあげた。またPayPalの異議の取り下げの際も同じ内容をコメントとして送信した。相変わらず返信はないが、まあコミニュケーションベタなバイク屋なのかと思っていた

が、数日後、タイトル/本文共に"Newsletter unsubscription success"のメールが届く。ニュース配信は、購入手配時にアカウントを作成した際にマークしたのだと思うが、その後配信解除した覚えはない。彼らの判断で行われたものであり、もう客とは思わんという意思表示としか受け取れない行為である。こっちから願い下げだぜ!

アンダーガード

夏のツーリングを控え、アンダーガードを購入した

Tenereは、箱付き初期型は装着済みだが、今のモデルはなんの役に立つのか分からない、申し訳程度のパーツが付いているだけなのである
このバイクでツーリングだと、荒れた道はさすがにきついが、フラットダートなら全然進入するだろう。以前Monster+道北スーパーFR(美深歌登大規模FR)でやらかした、ハネ石によるオイルフィルター破損に対して防御しておく必要がある。同じように前輪後ろ前向きにむき出しで位置してるのだ

【選定】
今回は付いてればいいと考えている部品なので値段で選択した。EuroNetDirectなる店で見つけた、SW-Motech Engine Guard、15,200円 + 送料5,700円に決めた。純正が約3万なので値段の開きは少ないが、こちらの方が横方向が長そうで、後ろまで防御できそうだ

この会社は輸入代行屋さんだと思う。今まで使ったことはなかったが、日本語が通じるのでなんの心配もない。
と、思っていたら案外疲れた買い物になった。事前にバックオーダーになることを確認し、通常納期を聞いた上で発注を行ったが、スケジュールに遅れが生じた。その都度情報をUp Dateすればいいのに、こちらからつつかないと連絡は来ないし、新しい納期も全然はっきりできない。ネットでも遅い、との書き込みはよく見たのだが、まさにそのとおりであった

また送料はおそらく本国からの金額であろう。まとめて国内に入れているのならばもう少し安くっても良さそうなもんだが、、

【取り付け】
車体側からのステーは多いが、難なく取り付けを完了した。ネジ穴はズレもなく力技は出番なし

IMG_4244.jpg

オイルフィルター保護はばっちり目的達成。また、エンジンオイル交換用に2箇所穴が設けてあるもが、作業の際にはアンダーガードを外したほうが良さそうだ(バイク屋談)

【感想】
今回の買い物、荷物は丁度一ヶ月で届いた。個人輸入でもここまでかかったものは無いと思う。まあ、一つ余計なところを通しているのだから長いのは当たり前なのかも。送料についても厳密に比較はしていないが似たようなものだろうと思う。

よって輸入代行さんを使う意味はあまり無さそうだ。クレームが多そうで、この部分に日本語が使えるといい物のみが対象になるだろう。バイクの部品だと傷が気になるものだろうか。カウルとか?
まあ納期を気にしないモノであれば使う意味はありそうだけど、発注したらさっさと送ってほしいよなあ




Tenere!

今年は大変な年になりました
色々考えされられましたが、始動することにしました

TenereatFijisan

試乗はしてますが、やっぱりでかいが第一印象ですね




Super Tenere Worldcrosser concept

ケルンのINTERMOTでWorldcrosserなるコンセプトモデルが明らかになった模様

Yamaha-Super-Tenere-Worldcrosser-concept.jpg
BikerHolic-sanより

やばい、かっこいい、、

Worldcrosserってのが意味不明、世界どこでも行けるよモデルでいいんだろうか。その割にはガード類充実のよりラリーな路線のように見える。スクリーンペイントしちゃてるし。後ろに積んでるマットみたいのはなんだろう?

これ出さないかなー


検索フォーム
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
7781位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
3051位
アクセスランキングを見る>>

FC2 Blog Ranking
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。